家購入の諸費用 一覧

家購入の諸費用

このページでは物件の価格以外に家購入にかかる諸費用を掲載します。

購入後の費用は思わぬ形でかかってきますので注意が必要です。

 

契約時にかかる諸費用

・登記費用
 家の引渡しの前後に登記を行います。司法書士など専門家への事務手数料と印紙代(登録免許税)が必要になります。
 一般的に数十万かかります。

・契約書などの印紙代
 家の売買契約書や注文住宅の際の請負契約書、住宅ローンの契約書などにはる印紙代が必要です。
 住宅ローンでは1000万から5000万円の借り入れの場合、2万円の印紙が必要です。

・仲介手数料(おもに中古住宅)
 中古住宅の場合には、不動産屋さんに仲介手数料を払うことが多いでしょう。
 一般的には物件価格の3% + 5万円 のところが多いようです。

・リノベーション費用(中古住宅)
 中古住宅を改装して新築に近い機能や見栄えにする(リノベーション)場合に発生する設計料や施工費です。
 場合によりますが、高くても1000万円ぐらいでしょう。

・不動産取得税
 購入時に一度だけ発生する地方税(都道府県)です。

 

購入後にかかる諸費用

・固定資産税、都市計画税
1月1日に所有している不動産について市区町村に税金を納めなければなりません。
固定資産税については住宅の大きさによりますが、年間10万前後を目安にしましょう。

・住宅ローンの乗り換え、繰上げ返済の費用
 もし住宅ローンを乗り換えたり、繰り上げて返済する場合には銀行に手数料が(結構な額)発生します。ローンを組む際には慎重に。

・管理費・修繕積立金(マンションの場合)
 マンションに住む場合には、マンション管理に当てる管理費や、長期メンテナンスや突発的な修繕に当てるための修繕積立金が毎月請求されます。一般的に1-5万円程度ですが、豪華な施設があるマンションほど高額です。

・メンテナンス費用(一戸建て住宅の場合)
 一戸建ての場合には毎月のメンテナンス費(修繕積立金)の支払は不要です。しかしどこか故障や老朽化があった場合は個人の判断と費用で対応することになります。

住宅購入