や行・ら行・わ 一覧

200年住宅

200年住宅とは

現在の住宅の平均寿命(約30年)を、6倍以上の200年に延ばすそうというもの。
家の建て替えが減れば、経済的負担が減るだけでなく、資源の節約になり地球環境にも良いとされています。

200年住宅を建てる者が、地方自治体に「長期優良住宅建築等計画」を申請する。
国土交通相が定める基準を満たしていれば、「200年住宅」として認定され、税制上の優遇措置などを受けられます。

リノベーション

既存の建物に改修工事を行い、外見や用途、機能を変更して性能を向上させたり価値を高めること、またはその工事。

中古住宅を購入する際には、ほとんどの方が検討されることになると思います。

費用をある程度かければ中古住宅の内装や外装は新築同様にできることも少なくありません。

住宅購入