住みたい地域を決める

一戸建てで行くか、マンションか、新築か中古かを「大まかに」決めたら

次は希望エリアを探しましょう。

☆とりあえず現地に行ってみる。

誰も「家を持つならあのあたりがいいなぁ」「この街に住んでみたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。

まずは、そこに足を運んでみることです。

そして、具体的にどんなところが良かったのかをメモして確認します。

  • 例)
    緑が多い
    静かだが、少し歩くとお店が多い
    駅から近い
    職場から近い
    実家に近い

とりあえず1件、それらしい不動産屋に入って、希望の住宅(一戸建てやマンション)の相場を調べましょう。
(間違ってもこの段階で家を購入することがないように!!)
またインターネットでもこのあたりの家やマンションの相場をある程度見ておくといいです。

☆他のエリアを広げてみる

希望エリアで手ごろな物件がありそうなら、問題はありません。

ただ、もしなかったら、隣の駅や沿線についても調べてみましょう。

同じ路線上なら似ている雰囲気の街も結構あります。

気になる町があったら、実際に足を運んで見ましょう。

物件の価格が安いわりに意外にも便利だったり、いい街があると思います。

☆地域のクチコミや犯罪率などもチェックしておくのが吉

可能であれば、現地の人に聞き込みをしましょう。

「このあたりに家を購入することを検討している者ですが・・・」

礼儀正しく質問すれば、快く答えてくれることがほとんどです。

学校や教育、近所づきあい、便利なスーパー、病院などいろいろ情報が入ってきます。
あわせてインターネットのクチコミサイトなども活用しましょう。

地域によっては教育や福利厚生に力を入れていることが分かります。

また、犯罪率などマイナス要素の情報もネット上で入手が可能です。