一戸建て vs マンション

実際に家を探す前に決めておきたいのが一戸建てがいいのか、マンションがいいのかということです。

ほんの少し前、都会では新築マンションがもてはやされていました。

しかし大部分の人にはやはり昔ながらの一軒屋が人気のようです。

ここでは両者のメリットを比較してみます。
(戸建のデメリットはマンションのメリット欄の裏返しと思ってください。)

一戸建てのメリット

  • 土地と建物を完全に自己所有でき、権利関係もややこしくない
  • 自分の好きなスタイルで自由に設計できる(建売り住宅を除く)
  • 隣家の騒音が気になりにくい
  • 家の改築・増築が自由
  • 管理費や修繕積立金が不要
  • 古くなった設備も一存でメンテナンスできる
  • 好みで庭や車庫をもつこともできる

マンションのメリット

  • 最初からインフラやエアコン、ネットなどの部屋の設備が充実している
  • 同等のレベルの一戸建てより安く購入できる
  • セキュリティが充実していることが多い
  • 管理人がマンションをきれいにしてくれる(ひどい管理会社もあります)
  • 便利な場所にあることが多い
  • 新耐震基準以降に建てられたマンションは、地震に強い(偽装もあるが。)
  • ゴミだしも24時間自由なことが多い

最近の大型マンションなどは、車庫や公園やコンビニ、スポーツジムなどがついているものもあり、一戸建てのメリットを取り込んでいます。

マンションのほうが日常生活では便利なことが多いようです。

一戸建ては、マンションに比べて自由度が高くご家族の一存で好きなように改造できます。

また、マンションは区分所有権(→用語集へ)という概念があり、大変ややこしいです。