家と人生設計を重ねあわせる

ライフスタイルで必要な家も変化する

結婚を機に、家を購入する人も多いのではないでしょうか。

二人で送る楽しい新婚生活・・・!!なんて懐かしいですね。。

しかし、今の生活だけを考えて、家を購入してしまっても大丈夫でしょうか?

普通、家を購入したらその先何十年もそこに住まなければなりません。

だから、もう少し先の将来を想像してみましょう。

10年後、子供は何人いますか?そのとき何部屋必要ですか?

30年後、子供が結婚して孫ができたら、一緒に住むスペースがあったほうがいいですか?それとも?

50年後、あなたはどこでどんな生活を送っていたいですか?

 

具体的に考えておくべき項目

家の広さに関しては、家族が一番増えるであろう時期でも問題がないようにしておくのが理想です。

また、家族のライフスタイルに合わせて、間取りも含めて家の内装をリフォームすることも視野に入れたほうがいいかもしれません。

また、最近では若いうちに都心に住みたいと思い家を購入した人でも、40代ぐらいになると田舎にあこがれて、UターンやIターンを希望する人も少なくないようです。

そんなときにあわてなくてもいいような対策も必要かもしれません。

売り払った場合のローンの残額を考えたり、借家として貸し出すことも含めてさまざまな検討を事前にしておくのがベストです。
もちろん、無理に家を購入せずに、自由にライフスタイルを変化させることも重要な選択肢だと思います。