住宅ローンの概要と種類

家を購入する際に気っても切り離せないのが住宅ローン。

住宅ローンとは、自宅としての家を買うときにのみ利用できるローンです。

長期にわたり金利を負担しますので、返済総額は元本よりかなり増えます。

正直、最初は返済総額を見てびっくりしました。

購入前にできるだけ貯金をする でも書きましたが少しでも頭金が多いほうがいいと大変お得です。

ローンの種類 - フラット35(半官半民)と民間融資

住宅ローンの代表格といえばフラット35です。

かつて住宅金融公庫で住宅ローンを組むことができましたが、

現在は民間の金融機関がほぼ同様の条件で家の購入者に貸し出しを行い、公庫がそれを保障するという形に変わっています。

フラット35の特徴は、家購入の際に長期(最長35年)にわたり低い固定金利でローンが組める点です。

ほとんどのケースでは30年以上の返済が選ばれるようです。

繰り上げ返済も可能で、繰上げ手数料がかからないのが特徴です。

ただし、同じフラット35でも借入先の金融機関ごとに条件が異なりますので、比較したほうが良いでしょう。

一方で、民間の金融機関独自の住宅ローンは種類が豊富で、フラット35のように固定金利で長期のローンを組めるもの以外に、預金額と返済額が連動したり、また変動金利の商品もあります。

また、住宅ローンにはたいていの場合、団体信用生命保険の加入が義務付けられており、返済者に万が一のことがあった場合でも、その後のローンの返済は免除されます。

固定金利と変動金利はどちらがよいか?

フラット35など固定金利のメリットは長期にわたり、計画的に返済が可能なことです。

一方、時代背景に合わせて住宅ローンの金利が変わるプランが民間金融機関にはあります。

一般的に、現在のような低金利時代には固定金利のほうがオススメです。

途中で金利が上がっても、住宅ローンの金利は固定だからです。

一方、金利が高い時期にローンを組む場合は、変動金利のほうが良いかもしれません。

返済途中で日本銀行が政策金利を低く変更すると、住宅ローンに金利も引き下げになります。

(これらは一般論で、実際には逆となるケースもあります。)

また、最初の一定期間は固定で途中から変動金利になるプランもありますので、あなたのライフスタイルと合わせて考えて見ましょう。

2011年 管理人追記
最近は住宅ローンに関する考え方が変わり、変動金利制で当初なるべく早く返済を行うというのも一つの手だと思っています。

日本はかなり長い間低金利時代が続いていますが、これには理由があることが分かってきたからです。
理由はたくさんありますが、例えばドル円が80円台の現在のようなときに日本が金利を上げれば、円高がますます進んでしまいますので、政府日銀はまずアメリカが金利を上げない限り、今の水準の金利を維持するでしょう。
もちろん金利は他の要因でも動きます。例えば日本の財政赤字の悪化により日本国債が投資家から見放されるようなショックが起これば金利が上がると思われます。(国債に高い金利をつけないと売れない→政策金利もあがる)
個人的にはこのような状況を見ながら最初は変動金利でいき、タイミングを見計らって固定金利に移るのも一つの作戦だと考えています。

最後に申し上げますが、あくまで住宅ローンの選択はご自身のライフスタイルで判断するようにしてくださいね。
上記のように考えていても借り換えの審査が通らなかったり、時間がかかってしまうことも考えられますので。