ローンの借入れ限度とシミュレーション

借入限度額を知っておこう

銀行融資の審査基準であなたの収入に対していくらまで貸し出しができるかというものがあります。

例えば

年収300万~400万円未満であれば最高で2400万円、

年収400万~700万円未満であれば最高で4800万円、

800万円以上なら約5500万円です。

(固定金利3,5%、35年返済)

家を購入する前に、自分はいくらなら借りられるかを知っておくことが必要です。

ただし、この基準で目いっぱい借りてしまうと実際には生活がかなり大変になるようです。

家を購入するためだけに働くことになってしまっては、豊な生活を目指していたのに本末転倒です。

また、フリーランスや自営業者の方は通常のサラリーマンの方よりも住宅ローンの審査は厳しくなる傾向にあります。

ローンのシミュレーションを提示してもらう

実際に、ローンを組む際には返済シミュレーションを複数の金融機関から提示してもらい、比較することが大切です。

また、繰り上げ返済の際には手数料がかかり、最大で数十万円もするところもありますから馬鹿になりません。

そのほかにもローン事務手数料や保証手数料などもありますのでトータルで比較してみましょう。

実際にシミュレーションを見ることで、借入額と実際の返済額の差などが分かるようになります。

(別ページでも書きましたが、トータル返済額の大きさにびっくりする方が多いのではないでしょうか。)

シミュレーションの一例

さて、ここでは家購入に当たって3千万円の融資(元利均等方式)を申し込んだ場合の支払いシミュレーションを書いておきます。

金利が3%で30年返済の場合

毎月の返済額 約12万6500円

支払総額 約4553万

利子支払い分 約1553万

 

金利が3.6%で35年返済の場合

毎月の返済額 約12万5700円

支払総額 約5281万

利子支払い分 約2281万