家購入のポイント(メリットとリスク)

家を購入することのメリット

家を購入する一番のメリットは、マイホームを持つ満足感や「心のよりどころ」ができるということへの安心感でしょうか。

賃貸は何年かごとに引越しをしたりして落ち着きませんが、持ち家はそんな心配はありません。

お子様がいらっしゃる場合は、そのお家が「ふるさと」になります。

それでは家を購入して持ち家になると、どんなことが可能になるでしょうか。

  1. 持ち家は、自分の趣味やスタイルに合わせて改造ができる
  2. 社会的信用が高まる
  3. もしあなたに万が一のことがあっても家族に持ち家は残る (ローン時に団体信用保険に加入します。)

などがあげられます。

家を購入することのリスク

一方で家を買うことにはリスクを伴います。

  1. 長期にわたり住宅ローンを背負う(有名な住宅ローン、「フラット35」の「35」は、35年返済という意味です。)
  2. 引っ越したくてもなかなか引越しができない

1について、あなたの35年後を考えてみてください。仕事はまだ続けていますか?

その年齢までずっとローンを返済するという覚悟が必要です。

(実際には繰り上げ返済も可能ですし、短期でローンも組めます。)

 

また、サラリーマンの方の悲劇は、念願のマイホームを手に入れた途端に転勤が決まったりというのは、意外によく聞く話です。

他にも、隣の人と仲が悪くなってしまったとしてもそこに住み続けなければなりません。

不便な場所に家を購入したら、おそらく不便な場所で一生過ごす可能性が高いでしょう。

そのため、家を購入するのは相当の調査と覚悟が必要といえます。