書類には必ず目を通す

契約書および重要事項説明書は必ず目を通す

 家を購入するための契約書、重要事項説明書は、数日間かけて、かならずすべての項目に目を通しましょう。

これらの書類を提示された日に、よく理解のできないまま記名、押印を迫る業者も中にはあるようですが、絶対に断るべきです。

家を購入してから苦情を言っても、「承認の証に印鑑をもらってます」と言われては苦しいです。

納得できない個所があれば、必ず確認し、問題があればかならず修正してもらいましょう。

きちんと対応してもらうまで契約はしない旨をきっちり伝えましょう。

 

マンションの場合は管理規約も一読しておきましょう

マンションは管理組合に加入することになりますので、管理規約も問題ないか確認しておきましょう。

場所によっては使用細則などもありますのでペットなど自分に該当しそうな箇所がないかチェックすることが必要です。

また中古物件の場合、前の所有者に管理費の滞納などがあると、法律上、次の所有者がその額を払わなければなりません。

仲介業者などに聞けばこれは分かるはずです。