物件を実際に見る

物件を見に行く

インターネットや情報誌、不動産屋さんで いくつか物件をピックアップしたら、実際に物件を見に行きましょう。

新築で未完成の場合は、建築予定地まで歩いていきます。

可能な限り、最寄り駅から歩いていきましょう

車に乗っていくのと歩いていくのでは、全然街の見え方や感じ方が違います。

気になったことは、物件ごとにメモしてあとで比較できるようにしておきます。

ちなみに、緑に囲まれた生活や、見晴らしのよさ重視して購入する方は、物件の近所で今後のマンション建築予定などがないか確認しておきましょう。

緑があって、便利な場所というのは人気エリアですからすぐにマンションやビルが立ちます。

工事中の現場を通りかかったら確認したり、近所の方に聞いてみたり、役所に確認するのも良い手です。

 

最後に、どんなに気に入った家でもその日に契約することは控えましょう。

一旦、家に帰って落ち着いて考えるのが吉です。

 

不動産屋さんに行ったら注意すること

紹介された物件に対しあいまいな返事をしないことです。

不動産屋さんが出した物件は、納得行かないことのほうが多いでしょう。

特に最初のうちは、どこが気に入らないかをはっきり言いましょう。

あいまいにしていれば、あなたの購入したい家ではなくて、不動産屋さんの売りたい家を紹介されることになります。

 

次に、不動産屋さんとはビジネスライクに付き合ったほうが良いということです。

1件の不動産屋さんでお世話になっていると、断りづらくなることがあります。

しかし、不動産屋さんも断られるのが仕事です。そう割り切りましょう。

一瞬の情に流されて、一生後悔していては目も当てられません。

量産品については人柄でお店で商品を購入しても良いかもしれません。

しかし、家はオンリーワンの商品です。人柄のよさと家のよさは関係ありません。